【missionドリチ】 BBカスタム【Billet Box VAPOR】

購入時から書いていたBB。更にカスタムパーツが届きました!楽しい!

パネル、ボタン、ドリチ、ブリッジ、パッド、ネジなど多彩なカスタムパーツ

今回購入したMISSION XV(ミッションフィフティーン)のカスタムパーツ を紹介をしますね。

MISSION XVのパッケージは全てこのジップバックになっているようです。RDAアトマイザーもこのパッケージに入っていました。

まずはドリップチップから。

ドリップチップって一番手軽で一番直接味にも関わる実はとてもカスタムしがいのあるパーツ。

私は基本DTL派ですが抵抗値によって内径をざっくり決めています。

0.5Ω以下の時は内径3mm

0.5Ω以上の時は内径2mm

くらい絞り気味で吸うのが好みです。

Quantum Threaded (クァンタム トレーデド) for Billet Box

内容品はOリング2種類、ドリップチップ本体、インナーボアパーツ 4種類

インナーパーツの内径は1.5mm / 2.5mm / 3.5mm / 4.5mm、

本体のトップはテフロンチップ

開封時は装着無しの内径5.3mm

1つのドリップチップで5種類のボアサイズ

本体からテフロンチップを外して好きな内径パーツを入れるだけ。

ストンとハマるので出す時も逆さにするだけでストンと取れるようになっています。

テフロンチップを外すとローレットが彫ってありBBへの装着時、滑りにくくなっていてこの工夫は使いやすいです。

内径パーツの装着比較

パーツ なし5.3mm/右内径パーツ1.5mm装着時

テフロンチップを外しストンとパーツをはめると軽くアーチが切ってあります。

内径パーツ1.5mm装着時

スレッド側からもアーチが切ってあります。

スムーズなテーパーではないのが少し残念です。

for Billet Boxの理由

BBの購入時はSSの510接続アダプターがついています。このアダプターでBOROタンクを固定しているのですが、このドリップチップはBB専用スレッドがついており、購入時のアダプターを使わずに装着することができます。

更に、高さの調整をしてあるためアダプターのSSが見えないよう工夫されています。

左:SS 510 接続アダプター+510ドリップチップ/
右:Quantum Threaded

まとめ、見た目5割、味5割

どっちも大事です。

  • 内径ボアパーツが調整できるので好みの絞りができる。
  • 専用スレッドパーツなのでSS接続が見えなくなる。

見た目がどれだけ気に入ってるかで大事にするのももちろんですし、味についてはビルドも関わってきます。

長くなってきたのでMISSION XVのブリッジはまた次回ご紹介しようと思います。

カスタム楽しい!!

BBを買った時はこちら

BBが届いた時はこちら

BB2020についてはこちら

分かりやすい色々比較はこちら

ゴリゴリカスタムはこちら