【ASVAPE】セラミックチャンバーZETA RTA【22mm】

私は毎日引っ掻き回しています。
えぇ、もうこれでもかってくらいに。

この小説をご存じでしょうか。
理解を深めようとするほどに自我が崩壊しかねない危険な小説です。
勇気のある方はご賞味あれ。

意味はあるのかセラミック。ASVAPE ZETA RTA

最近は22mmばかりでなく色々なRDAをビルドしています。
近々紹介できたらなと思っておりますよ。

相も変わらず僕の好みはMTLで22mmなアトマイザーなわけです。
今回も例にたがわず22mmRTA。
ASVAPEというメーカーのアトマイザーですね。

ASVAPEと言えばVOチップを使用したMODが多い印象。
まだあまり使用したことがないので興味津々です。
手に入ったら即紹介しますね。

さて割と王道なRTAなのですがちょっとした特徴があります。
今回はそれを踏まえ簡単に紹介します。

お付き合いくださいまし。

シンプルで完成の高い綺麗なRTAアトマイザー

お洒落なハードケース。
この時点でこだわりを感じますね。
しかも開けると…

まさかの横開き。
殻にして箱単体で使い道を見出すことができそうですね。
手間がかかっております。

中身はこんな感じです。
必要なものが一通り入っているイメージですね。

ポジティブピンもなかなか出ているのでハイブリットチューブにも行けそうな雰囲気。
でも慢心はいけません。
しっかりチェックしましょう。

エアフローはボトムでポジピン変更で径を変えるシステム。
大きい方は割とDLでした。
もちろんAFCで細かく調整もできます。

リキッドはトップチャージ。
全体的に背が低めで下にのみウルテム?の窓があります。
カッコいいビジュアルですね。

そしてチムニー部分はセラミック。
根深い汚れは落ち辛そうですね…そしてこの仕組みは味に作用するのでしょうか。
このRTAのメインコンテンツともいえる部分ですね。

デッキ部にもセラミックを敷いてビルドするんです。
しかしまたポストレス…。
最近多い気がしますね。

こんなところでしょうか。
この時ポジピンでエアフロー調整できることに気づいていなく、大きいまま使用しています。
ビルド後MTLのピンに変更しました。

ウィッキングはコットンホールがあるので丁度良い感じにホールイン。
一応漏れ防止にエアフローとコットンが触れないように意識します。
そしてリキッドで湿らせて、

バランスよくミストが出ているのを確認。
果たしてセラミックの恩恵を得ることができるのか。
期待しながらセットアップです。

リキッドを足しMODに装着して完成。
ちょっと色があれですが背が低めなのはimoとの相性としては良いですね。
さぁ吸ってみましょう。

味に関しては主観100%なので参考程度にお願いします。
とりあえずMTL RTAとしてはなかなかバランスよく美味しいですね。
肝心のセラミックの恩恵はというと、まったくわかりません。

ということでセラミックの厚さの分狭くなり味が出ているという持論で締めることにします。
問題はガンクが付いたときにセラミックがどうなるかですね。
使用していて気づくことがあれば追記します。

まとめ、普通のRTA。セラミックの効果は不明

普通に使うには優等生なRTAで使いやすいと思います。
セラミック効果をメインに据えるとちょっと疑問が生まれますね。

しかし漏れない、美味しい、どーろー幅が広いというRTAなので文句はないですよ。
デザインが気に入れば大いにありなアトマイザーだと思いました。

気になる人はチェックしてみてくださいませ。
それではごきげんよう。