【BORO互換】Aspire BOXX MOD Sunbox Atmizooコラボプロダクト【マスプロ】

おはモニ。
どうもひめたそんです。
心は海底2万マイルです。

僕の愛読書です。
たまてが推しです。
みんなも読みましょう。

ハイブランドメーカーとのコラボ作品Aspire BOXXを使ってみた

BORO互換デバイス好きなのに登場しても気づいていなかった僕です。
フォルムが完全に個人的にですがドツボだったので今回入手しました。
なので軽く紹介してみようと思います。

先発のステルスMOD「MIXX」のデザインに似た感じで角ばったデザインのデバイスです。
開けてみて結構楽しめたのでおすすめです。

では簡単に紹介してい行きましょう。

開封するといきなり豪勢な付属品

箱は大きめでデザインはまぁ普通。
なかなか無骨な感じですね。
じゃあ開けましょう。

これは…ときめきますよね。
おしゃれに本体をはじめ付属品がきれいに並んでおります。
マスプロってこういうところに気合が入っていて好きですね。

タンクは上からBP用ノーチラス用RBA用という感じになっています。
他はコイルやエアフローピン、510ドリチアダプターにもともとついているのとは違う形のドリチ。
てんこ盛りですね。

電池とリキッドがあればとりあえず即楽しめる内容となっております。
プレステージシリーズのPの文字が目立っていますね。
しかしこの中で使うのは主に本体とRBAかな。

RBAタンクはAtomizooを知っている人であれば納得のデッキ

横にAtmizooの表記があります。
エアフロー部分はDotShellに似ていますね。

でっきはお馴染みAtomizooという暗示のデッキ。
エアフローピンが豊富で真ん中に装着することでMTLからDLまで対応します。

この形状に慣れてるのもありますがビルドはしやすいかなと思います。
サクッとビルドして試してみましょう。

味は主観ですが少しおおざっぱかな?という印象。
しかしAtomizooの味は出てますね。
リキッド入ったままビルドできるのは便利。

BilletBOXとの互換性について

写真の通りBOROタンクはばっちり。
写真にはありませんがEVLもボクサーもぴったりでした。
僕はこのSNVガラス、白BORO、カルマブリッジで使っていこうと思います。

なんと510ドリチアダプターのネジ系もBilletBOXと同一規格。
Missionのドリチがそのまま使用できました。

これは誤算だったのでうれしい限りです。
mission仕様で使っていけますね。

結果本体以外は手持ちで使用するので豪華な付属品の出番はしばらくなさそうです。

一応全部のタンクを試しましたが各々BPの味、nautilusの味でした。
お手軽に使用したいときはそれも良いと思います。

総評、精度良しでデザインも個人的に好き。BBのサブにもおすすめ

↑個人的に大好きなVVモードで使用しています。

細かく本体を見ていくと中々な制度でちゃちさはないかなと思います。
特にパネルのマグネット部は画期的でした。
流石にっ有名どころの名前を2つも冠しているだけあって妥協は感じさせませんね。

ボトムサイドボタンのBOROデバイスが欲しかった僕としては満足です。
多分互換機の中では1番好きになりました。
もし機会があれば触ってみることをお薄めします。

ではではまた足りないところがあれば追記します。

えんいー。