【イタリア、ハイエンドMOD】ennequadro Dart 75c【ウッド&デルリン】

おはモニちわっす。
山芋が好きで最近よく食べています。
しかし素手で擦るとかぶれて辛いのが欠点ですね。

DNA75C搭載ハイエンドVAPE「Dart 75c」

さて今回は個人的に一番気に入っているMODを紹介しますよ。
正直これだけで僕のテクニカルMOD欲は満たされてしまいます。

なのでかなり自分好みなVAPEなので、ひいき気味になってしまいますがご了承ください。
では簡単に紹介していきましょう。

imoというMODで有名なennequadroのテクニカルMOD

早々に開封画像からスタートです。
と言っても使用期間はかなり長いんですけどね。

↑R氏が紹介しているimoというMODが人気のennequadroというイタリアのブランド。
地味に僕も愛用しています。

imoがメカニカルMODなのに対してDartはテクニカルMOD。
少々値が張りますが所有欲を満たしてくれる一品です。
細かく見ていきましょう。

510スレッドはマイナスドライバーでの調整式。
コンパクトな天板にはennequadroの文字が刻印されています。

底面部にはバッテリー格納部。
18650バッテリー1本を使用します。
回しやすくする小物が付属していましたが使わなくても開閉に不満はありませんね。

ボディには白いデルリンと黒い木が使用されています。
そのウッド部にはDratの刻印。
この両素材が僕の好みでして、両方を兼ねそろえているだけで個人的に評価ポイントになってます。

ナチュラルウッドは割れなどが怖いので保湿、ワックスで定期的にメンテナンスもとい愛でております。
なので初期より光沢が出ている状態です。
写真の通り裏面はアーチがかかっており握りやすいのに加えかなり小型なんですよ。

液晶面の写真。
パフボタンは光るようになっています。

名前からもわかる通りEvolv社のDNA75Cが使用されています。
ここも僕にとっては最高なんです。
75Cはインターフェイスもろもろカスタム要素がたくさんあるのでガジェット好きにはたまらないんですよね。

ということで結構弄っていまして壁紙も変えています。
ロック画面は「コバッシュ」通常画面は岩倉レイン。
ついでに時計も表示させています。

つまり僕がMODに求めているものすべてが揃っているというのがお気に入りの理由。
勿論所有感や使いやすさ、カスタマイズやメンテナンスも楽しんでます。

普段はRTAをのせて使用しています

現在は前に紹介したTaifun GS2をのせています。

↑Taifunの記事はこちら。

その時々で一番気に入っているRTAをのせていますね。
Taifunの前はDvarw、THEATROをのせていました。
22mmのアトマイザーが似合うかなと個人的に思います。

まとめ、素材の良さ、デジタルの良さが混ざり合うMODです

https://www.ennequadromods.com/dart/22-43-dart-75c.html#/47-dart_collection-classic

↑公式のDartのページです。

安い買い物ではありませんが刺さる人には刺さる良MODだと思います。
とにかく全部入り!という感じで高級感も木のおかげか漂っていますね。
またコンパクトさも際立っていてRDAやRDTAなどをのせれば最近のPODMODくらいのミニマルさです。

あまり売っているのを見かけることは少ないかもしれませんが興味がある方は是非探してみてください。
黒デルリンや茶木などバリエーションも様々あります。

熱弁してしまったので今回はこの辺にしておきましょう。

それではまた!