【ミニマルなデザイン】IMO 2 650【ennequadro MODS】

こんにちは小さいは正義。メカニカルは使ってますか?

私の場合はその昔、抽選で当たったセミメカのBOXMODがあり、それを使うために急いで勉強して覚えました。

 人って必要に迫られるとちゃんと覚えるものですね。

小さいは正義。22mmメカニカルチューブMOD IMO 2

掌に収まるスリムな22mm、無駄を省いたコンパクトなスイッチ。Rのこだわり「22mm」にぴったりはまった、まさに「ミニマル」なメカニカルチューブMODです。

見た目と一緒で情報もシンプル

この2.0バージョンの市場で最小の18650チューブが改善されています。
より大きな接触面を提供し、偶発的な起動を防止する新しいボタン形状。
510エリアの周りにヒートシンクがあり、attyからチューブへの熱伝導を減らします。
寸法:
高さ70mm
直径22mm
ロジウムブラッシュ仕上げ-真鍮仕上げ
サイドファイア
交換可能な絶縁体

本家より抜粋

うん、シンプル。ちょっとおかしな翻訳がかわいいくてかっこいい。

バラしてみてもシンプルでコンパクト

本体のチューブ、接続のブラスチューブとインシュレーター、以上。

シンプル。素敵。

底部のインシュレーターのスレッドがしっかり長く作ってあるのでロックではありませんが緩めることでミスファイアを防ぎます。

接続のブラスチューブはインシュレーターからは外れません。中でガッチリ固定されています。もう少しブラスの色が変わってきたら磨くと接点が復活して早くなるかもしれないですね。まだまだやる予定はないですが。

アップデートした見た目と機能

初代との違いはサイドスイッチの形が丸から四角になったことで接地面が増えミスファイア減ったとのこと。初代のスイッチはもう少し軽かったみたいですね。

もう一つ初代との違いは510ハイブリット接続部のヒートシンクが追加されています。追加されたといっても高さは初代と変わらず70mmのまま。

マイナーチェンジなところが尚シンプルで素敵。

最大の特徴はロジウムが使われているチューブ本体

SSのアトマイザーを乗せるとよく分かりますね。黒いというか、黄色いシルバーカラーです。宝飾品などにはロジウムメッキというのがよく使われるています。

ロジウムは実は金より重く、場合によっては金よりも高値で取引されることもあるそうです。そして金より硬い加工の難しい素材です。

硬くて加工が難しく細工ができないので鍍金として使われるのだそうです。

また、硬度・耐食性の高さ・電気抵抗の低さから、ロジウムはコンピューターのリードスイッチや熱電対・ガラス繊維製造用ノズルなど様々な分野で使用されているそうです。

硬度が高く対抵抗。MODにぴったりの素材ですね。ただし、高価になってしまうようです。

それ程詳しくはわかりませんでしたが色々調べた結果IMO 2 がシンプルで素敵だということが分かりました。(個人の感想です)

クローン品も出回っているほどの魅力的なデザイン。オーセンティックに出会ったらぜひ手にして欲しい逸品です。