【SteamCrave】重いドローの純MTLアトマイザーGlaz Mini RTA【ガラスチャンバー】

ヲタクに恋は難しい。

ヲタクという題材でありながら大人の純な恋愛模様。
笑いもありますがリアルな心情、共感を覚える人も多いのでは。
なぜか冒頭は毎回漫画、アニメの紹介をしていることをご了承ください。

好きなんです!

Glaz Mini RTAは純MTLの正統派アトマイザー

MTLという分野、いやVAPEというカテゴリーは本当に千差万別。
拘ればこだわる程選択肢、組み合わせは無限大ですね。
だから面白いのですが。

また味わうデバイスでもあるので好みも分かれるところ。
リキッド選びでも無限に選択肢がありますね。
因みに私はフルーツ系が今は好きです。

さて今回は使ってみたら意外な感想を持ったRTAの紹介です。
具体的にはむためと運用のギャップですね。
そんなアトマを簡単に紹介するのでお付き合いくださいませ。

ガラスチャンバーのかっこいいアトマイザーGlaz Mini RTA

パッケージを探すのが面倒ですいません。
なのでいきなりバラバラ写真です。
真ん中の小さいガラスがチャンバー。

そう、このRTAはガラスチャンバーなのです。
コットンを通さなければコイルが赤く光るのが見えます。
吸えないですがね。

ポジピンの出しろは程々といったところ。
バッテリーの凹みはしっかり確認しましょう。
少しでも凹んでたらNGです。

早々にビルドしてみました。
このRTA、後述しますがかなり重めのドロー。
抵抗値は」高めに設定です。

コットンワークは特に難しいことはなくコットンホールに詰めるだけ。
ここ、綺麗に収まって見栄えが良くなるとテンションが上がるのは私だけでしょうか。
左右対象に綺麗にウィッキング出来ると嬉しくなってしまいます。

実際、エアフローにかからないように注意する必要があります。
このRTAに限らずですがコットンからリキッドが伝ってしまうんです。
つまり漏れに繋がってしまうわけですね。

しっかり長さを考えてウィッキングしましょう。

リキッドを含ませてミストを確認。
バランスよくミストが発生していますね。
良い感じです。

キャップを閉めてリキッドチャージ。
このRTAはジュースコントロールが無いので一応エアホールを閉じます。
そして逆さにしてエアホールを開けます。

まぁ気休めなんですけどね。

MODに装着して完成。
23mmなのでちょっと太めに感じますね。

このRTAなのですが、正直なところガラスチャンバーで見た目に振ったビジュアル重視のアトマイザーだと思っていました。
アトマとしてはそれでも悪くないんですけどね。

しかし良い意味で裏切られました。
しっかりした思いMTLエアフロー。
味もかなり解像感が高く美味しい。

これはビジュアルにもフレーバーにも拘った素晴らしいRTAですね。
使った感想はただただびっくりでした。
本当に進化しているのだと感動しましたね。

見た目がかっこいいだけじゃない。美味しいRTAアトマイザー

ということで簡単な紹介でした。
ガラスチャンバーはカッコ良いですがそれ以上に美味しいRTA出会ったことにびっくりです。
カッコ良くて美味しいは正義ですね。

オールドスタイルというよりはわりと近未来的スタイルなので最近のMODとフィッティングできそうです。
写真ではナチュラルウッドのMODに装着していますがこれも悪くないかなと。
もう少しメカメカしいMODにも今度合わせてみようと思います。

見た目が好きな人にはお勧めしたい逸品ですね。
ではこの辺で締めましょうか。

ご機嫌よう。