【スコンカーMOD】TORQ KAMI MOD【YIHI SX基板】

おはモニちわっす。
今日はスコンカーの紹介をしようと思うよ。

SX基盤搭載テクニカルスコンカー。「KAMI」

VAPEを始めたころは若干スコンカーが下火になっている頃でした。
しかし便利なので結構使っていたんですよね。

しかし時がたつにつれ僕もまた使わなくなりメカチューブやステルステクにRDAやRTAをのせて使用するのがメインになりました。
そんな中PODやRTAが流行り楽に便利にという流れがありましたよね。

RDAの欠点はまさにドリップすることだと思います。
それが醍醐味でもあるんですけど。
ただ片手間に使用するには大変です。

ということで初心に帰りスコンカーも使い始めたので簡素ですが紹介しようと思いますよ。

21700対応の優秀なスコンカーMOD

こちらが僕のスコンカーメイン機です。
アトマにはHADALYがのせてあります。

あんまり聞いたことがない人もいるかもしれませんがTORQ MODSのKAMIというデバイスです。
確かマレーシア産だったかな?
記憶があいまいですw

付属品はタンクカバーの予備と18650用アダプター。
そしてすでに装着していますが黒のビューティーリングが付属していました。

面白い形をしていますよね。
これが意外にも手にフィットして気に入っています。
といってもヨーロッパ系のスコンカーやステルスMODには結構このフォルムが多い気がします。

リキッド満タンで外せなくてごめんなさい。
MOD側にタンク底まで吸えるよう金属製のチューブが伸びていて、余すことなくスコンクできます。
サイドのカバーはマグネット固定です。

右がバッテリーBOXで左がスコンクボトルです。
ボトルの蓋はOリングで固定されています。
バッテリーの蓋はよくあるねじ切りタイプですね。

そして割と珍しめ?な基盤選択ですよね。
YIHIのSX475Jが使われています。
ジョイスティック操作が特徴的ですね。

この手のハイエンド系にはDICODESやDNAが使われることが多いと思いますがこれはSX基板。
操作には慣れが必要です。
結構勝手が違いますからね。

僕はSX初ではないので問題はありませんでした。
むしろ新鮮で楽しかったですねw

このスコンカー最大の利点とは「漏れないこと」

スコンカーの欠点ってやっぱり漏れや滲みだと思うんですよ。
カバンの中でリキッドが漏れてべたべたになっていたら最悪ですからね。
今まで使ってきたスコンカーは少なからず漏れがありました。

しかしこのKAMI、まったく漏れないんですよ。
まぁ当たり個体だった可能性もあるっちゃあるんですがとにかくそこが高評価。
気兼ねなくカバンやポケットに入れておけます。

多機能なのもよいことですが漏れないのは最大のメリット。
愛用する一番の理由ですね。

あと利点はもう一つ。
僕は大体1Ωよりもう少し高抵抗くらいで運用しているんですがバッテリーが21700。
ぜんぜん減らないんですよね。

充電頻度は1週間に1回するかしないかです。
尚更常用してしまいますよね。
ちょっとしたPODより便利ですしドリッパーのダイレクトな味がポータブルに楽しめます。

まとめ、KAMIは僕にとって文字通り神でした

ということで絶賛させていただきました。
スコンカーは漏れないことが最高の正義だと個人的に思っているのでそれだけでも素晴らしい。

それに加え電池持ち、握りやすさも心地よく大変気に入った次第です。
もしスコンカー探しをしている方がいらっしゃいましたら選択肢の1つに加えてほしいですね。

ということで今回はこの辺で。
ではまた!