【YDDZ】febライクなアトマイザーV1 RTA【22mm】

にゃんぱすー。

私はこの映画を見るたびに泣きます。
日常系でも心に来るものがありますよね。
のんのんびよりはおすすめです。

にゃんぱすー。

有名アトマイザーライクな構造のRTA YDDZ V1 RTA

いきなりですがflash-e-vaporというアトマイザー。
人気ですよね。
僕も似た構造のRTAをレビューしています。

これが不思議な構造でして、詳しくは上記記事を読んでくれると嬉しいです。
要は重力で上部タンクから株のデッキにジュースが落ちる構造。
つまりタンクの下にデッキがあるという珍しい構造なのです。

そして不思議とこれにしか出せない味が出る。
ということで人気だったり高額取引されていたりするんですよね。
因みに上記2つのRTAは結構昔のモデルになります。

そんな構造にインスパイアされたマスプロタンクが少しばかり登場しています。
今回はそのうちの1つを簡単に紹介しようと思います。

お付き合いくださいませ!

片側サイドエアフローのYDDZ V1 RTAの実力はいかに

簡素なパッケージ。
どこかで見た見た目です。

以前紹介したこちらのアトマイザーと同じブランドですね。
非常にシンプルでございます。

開封するとこんな感じにパッケージングされてます。
予備タンクはウルテムっぽいのが入っていますね。
装着済みのはガラスと思われます。

出してみるとこんな感じ。
エアフローがどこかで見た感じですね。
しかしこのRTAは片側のみです。

ばらすとこんな感じですね。
ジュースコントロールが付いています。
ということは、

トップからリキッドが入れられるんです。
画期的ですね。
こういう便利機能大事です。

因みにポジティブピンはかなり出てます。
ハイブリットでも安心設計です。
MODによっては浮いてしまいそうな気もしますがね。

DLCは固定?されているような感じですね。
このピンがコットンに刺さって供給するのです。
なのでこの部分のコットンワークが大事になります。

早速ビルドしてみました。
内径3㎜でカンタルの28G。
ポストレスデッキなので無期と高さに注意ですねこれは。

DLC部分を盛り上げる感じでウィッキング。
スカスカだと漏れる原因になります。
痩せないコットンがおすすめですね。

順番に組み立てます。
ジュースホールを閉じてリキッドも入れましょう。
トップからなのは本当に便利。

最後にキャップで閉じて完成。
ジュースホールは念のため逆さにして開けます。
最後にMODにのっけましょう。

今更ですがドリップチップが艶々で良い感じですね。
タンクもウルテムにしたらもっと見た目が映えそうです。

サイドエアフローピンの交換でドローを調整するのですが、MTL寄りにしたいため1.6mm径に変更しています。
味の方は…改善の余地ありですね…。
ちょっとコイル位置が低かったかもしれません。

しっかりエアフローの位置を確認してから組むべきでした。
組みなおした際にまた追記しますね。

結論、リキッドの補充がお手軽で便利なRTA

このタイプのRTAでジュースコントロールが付いている点が一番魅力に感じました。
タンクの下からチャージするのちょっとですがやっぱり面倒なのでね。
その点トップからできるのはありがたいです。

因みにタンク底から入れることも可能になってます。
ポストレスデッキも相まって幅広い運用ができそうなRTAです。
僕も色々試行錯誤してみます。

それではこの辺で締めます。
ごきげんよう。